バナー

亡くなったら自然へ還る自然葬、冠婚葬祭の新サービス

人の生き方が多様化してくるように、亡くなったあとの供養の方法も多様化の様相をみせてきました。冠婚葬祭のスタイルも代々続いてきたルールに沿うだけでなく、自分らしい葬儀や供養を望む方が増えてきました。自分らしく生きて自分らしく死ぬことは、最高の人生かもしれません。新しい冠婚葬祭のスタイルのひとつとして「自然葬」というものがあります。よくドラマなどで「亡くなったら骨は海に撒いて欲しい」などというセリフがありますが、あれは自然葬のことをさしています。遺骨をお墓に納めるのではなく、海や山などに還すことのによって自然の一部になろうという葬送の方法です。

元は日本人も土葬が多かったので昔のスタイルに戻ってきたともいえます。”自然に還る”という、自然を愛し敬うなんとも日本人に即した想いです。

ブログをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

もともと自然葬を望む方もいましたが、核家族化が進んだり、墓守をしてくれる子孫がいない人たちが増えてきた現代にあって、このような自然葬を望む声が多くなってきました。

冠婚葬祭業でもこのようなサービスを提供するようになってきています。

今、最も注目を集める千葉の自然葬の知識を増やしてみませんか。

現在の自然葬では、葬儀会社などが行われる専門の土地などの区域を持っていて、そこで行われることになっています。

事前に場所の見学をすることも可能です。

どのような場所で埋葬されるのか、知っておくことができるのは嬉しいサービスです。



ご自身が亡くなったときはどうして欲しいかを考えておくことはとても大切でしょう。